FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州国立博物館

昔は無かったが今は有る

まず行かないだろうと思っていたが行ってみた

想像より遥かにめんどくさい場所に有りました

県道からの入り口信号が結構交通量が多く大型ダンプが走っているので

右折がまま成らないのです

駐車場は入り口に有り歩いて山登りとまでは言わないが

結構な距離でした

写真に写っているのは障害者用の駐車場です

降りて来る人は殆んど健常者に見えます・主観的ですが


IK7U5561.jpg
目の前を歩いていたオッサンが右側に有るトイレに向かったら

駐車場の警備員が  そこの人駐車場を抜けるな・・・と言った


オッサンは言った・ なんかきさん(貴様) 通路からまぁすぐ来たとに なぁんも向こうはくさ

仕切も無かったやないか 人が垂れ被りよう事ありようとにチンタラ回れてか・あ
(何ですか貴方 私は模様しているのに遠回りしなさいってですか)

危ないオッサンの一言に警備員は知らぬ顔で他の人と話していました

怖いですね 危険が一杯です

オッサンの連れでしょうかご婦人が一言

止めんね! 何処でん此処でん もう

オッサンの言う事にも一里有ります

通路と言うには区別されてないし

何処までが駐車場なのか分からない状態です





さて2階では

十五人の京絵師 美のワンダーランド 成るものをやってました

カメラをぶら下げていたら 写真は撮れませんよと警告された

そんなの当たり前田のクラッカーじゃないですか

幾ら田舎人でも存じております
IK7U5564.jpg
渡辺始興 鶴沢探鯨 鶴沢探索  吉田元棟 狩野永良

与謝蕪村 池大雅 

伊藤若冲 曾我蕭白

丸山応挙 呉春 長沢芦雪 岸駒 松村景文 横山崋山

同行者が一言・こんなの開運!なんでも鑑定団に興味が無くっちゃねぇ

私はハンカチ口に当てて見なきゃねぇ

大丈夫・ガラスの中だし・・・ウン!

いやぁ素晴らしい 生ですよ しかも本物です 多分

いい仕事してますねぇ なんて言いながら見物して

興味の無い同行者のために急いで出て行きましたら 居ないのです

引き返して見るとなんとゆっくり見ているのでした

それならと再度見せて頂きました




そして3階へ

古代ロマンと言うか色んな物の展示でした
IK7U5565.jpg
古墳から出土した装飾品や武具

ギヤマン・銅鐸・・・・・あまりの多さに忘れた

此処も写真はNGと言われる

流石は国立です働いている人達の態度が高飛車ですわ

何と言うか滲みでていますね

各コーナーに居る監視員もそうでした

我県にも県立西都古墳資料館など有りますがあんなじゃ無いです 

じゃぁ どんななのと聞かれると  普通です


3階に有ったジオラマ・多分その昔の大宰府なんでしょう
IK7U5573.jpg
マロは!なんて言ってるんでしょう




そして作らされた人達・工事風景でしょうか
IK7U5577.jpg
着ている物が品祖です 平民でしょう

何時の時代もこんなですね




4時間以上いましたでしょうか

腹減りましたが博物館奥に有るホテルニューオータニ博多のレストランの出店は

そりゃ黒山の人だかりで一杯でした
IK7U5593.jpg
さて帰ります

駐車料金は山の中なのに500円 

ガードマンの態度からして高いです

前日の山笠の博多は1時間100円でした

何と良心的な事かと思いました

因みに2階と3階は入場料は別です

展示内容でかわります なのだ





にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ヤッターわん

Author:ヤッターわん
ヤカン滾り・何でも一生懸命にするんですがそこそこ極めればそこまでの人です
色々やってきましたが今度はカメラです
遠慮は要りません・どんどんご指導ご鞭撻をお待ち致します わん

下手くそな画ですが
持ち出し・転載はご遠慮頂きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問感謝致します
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

置手紙

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。