FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちりめん山椒の準備

愛娘から毎年届く 母の日の贈り物

箱一杯に詰められた感謝の気持ち   ボケているのは腕のせいです
IMG_5065 (2)



山椒の実を収穫しました

今年は不作なのかあまり生って無いです

200gほど収穫して下ごしらえに1時間

湯がいてアク出しして冷まして冷凍しました

ちりめんじゃこが泳いでくる日までしばしの辛抱です



IMG_5062 (2)


ひえつき節


庭の山椒(さんしゅ)の木 鳴る鈴かけて
ヨーオー ホイ
鈴の鳴るときゃ 出ておじゃれヨ

鈴の鳴るときゃ 何と言うて出ましょ
ヨーオー ホイ
駒に水くりょと 言うて出ましょヨ

おまや平家の 公達(きんだち)ながれ
ヨーオー ホイ
おどま追討の 那須の末ヨ

那須の大八(だいはち) 鶴富(つるとみ)捨てて
ヨーオー ホイ
椎葉(しいば)立つときゃ 目に涙ヨ

泣いて待つより 野に出て見やれ
ヨーオー ホイ
野には野菊の 花盛りヨ



 およそ800年前、壇ノ浦の合戦に敗れた平家の武士たち。追っ手を逃れて、各地のふところの深い山奥へ。
古文書「椎葉山由来記」は次のように伝えています・・・

 道なき道を逃げ、平家の残党がようやくたどりついたのが山深き椎葉だった。
しかし、この隠れ里も源氏の総大将頼朝に知れ、那須与一宗高が追討に向かうよう命令される。
が、病気のため、代わって弟の那須大八郎宗久が追討の命を・・・
 こうして椎葉に向かった大八郎、険しい道を越え、やっとのことで隠れ住んでいた落人を発見。
だが、かつての栄華もよそに、ひっそりと農耕をやりながら暮らす平家一門の姿を見て、哀れに思い追討を断念。幕府には討伐を果たした旨を報告した。
 普通ならここで鎌倉に戻るところだろうが、大八郎は屋敷を構え、この地にとどまったのです。そればかりか、平家の守り神である厳島神社を建てたり、農耕の法を教えるなど彼らを助け、協力し合いながら暮らしたという。
 やがて、平清盛の末裔である鶴富姫との出会いが待っていました。・・・

http://www.vill.shiiba.miyazaki.jp/
椎葉村ホームページからお借りしました


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- dさん - 2012年05月13日 08:39:17

こんにちは
今回の記事は、無茶苦茶 勉強になりました。
九州南部から四国にかけて平家の落ち武者が隠れ住んだ部落が
点在してますね

私の妻の実家も、愛媛県宇和島市の、平浦という部落です
地名から察するに平家の落人が隠れ住んだことが伺われます。

Re: dさん へ - ヤッターわん - 2012年05月13日 17:28:47

こんにちは v-286

今回も反応していただき有り難うございます v-421
真珠の故郷宇和島は一回行きました
37年前大きな台風の後で道はズタズタでした
走るのに夢中で景色は覚えていません v-67

トラックバック

URL :

プロフィール

ヤッターわん

Author:ヤッターわん
ヤカン滾り・何でも一生懸命にするんですがそこそこ極めればそこまでの人です
色々やってきましたが今度はカメラです
遠慮は要りません・どんどんご指導ご鞭撻をお待ち致します わん

下手くそな画ですが
持ち出し・転載はご遠慮頂きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問感謝致します
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア

置手紙

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。